RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
レイチェル・カーソン物語〜いのち・むすびば提携公演 in山梨 報告
JUGEMテーマ:演劇・舞台
 

11月1日の公演も素晴らしいものでした!!

甲府のいのち・むすびばさんとの提携公演です。

会場となった五風十雨農場も感動的なすてきなログハウス。

広々とした大地に風が通る開放的なところです。

あいにくの雨模様でしたが、たくさんの親子連れもたくましくやってきてくださいました。
 

たくさんの感動的な感想を いただきましたが、ひとつご紹介します。
 

「昨日は大変素晴らしい朗読劇の公演、ありがとうございました。

レイチェルカーソンの人生、伝えたかった事、残したかった事、

それを支えた人々の思いがストンと私の中に落ちてきて、自然と涙が出ました。

優しいお二人の声、素晴らしい音楽、メリハリのあるお芝居が

とてもわかりやすく、そして情緒的に押し寄せてきて今一度、

私の在り方を考えさせられました。

これからのむすびばの活動につなげていきたいですし、苦しくなったとき、

ふと思い出して自分の支えにしたいと思います。

本当にありがとうございました。

このご縁に感謝致します。」
 

福島から非難されてきた方が「洗濯物の歌」(レイチェルが劇中にうたう)が胸にきた・・・、

とおっしゃいました。

この歌は、レイチェルが洗濯ものに子どもの成長を感じ、温かく見守っている、という内容の歌です。

福島の方とお話される際、まず「洗濯物どうしてる?」から始まるのだそうです。

そう、洗濯物を外に干すことを躊躇する日々。

母として、家族の洗濯をしている立場として、洗濯物を干すというこんな当たり前のことが、ためらわれるなんて。

まだまだ終わっていない、いろんな痛みがまだ渦巻いている現状に、はっとさせられました。

 

毎回いろいろな感じ方をしていただいているこの物語。

これからも多くの人に届けて行きたいです。





 

author:オーガニックシアター山梨, category:公演報告, 17:54
comments(0), -, -